トップ > 日本のX線天文グループ > あすかの成果 > 第3章

第3章 ブラックホール

ブラックホールは、X線天文学の中でももっとも重要な観測対象の一つです。この章では、「あすか」によるブラックホールの観測でわかってきたことを紹介します。『ブラックホールを区別する』では、ブラックホールがX線でどのように見え、中性子星などとどのようにして区別することができるのかを、『X線で探るブラックホールの素顔』では、「あすか」などによる最近の観測でどういうことがわかってきたのかを紹介します。『中質量ブラックホールの発見』では新たに見つかりつつある中質量ブラックホールについて、『巨大ブラックホールの重力を感じた?!』では精密X線分光による巨大ブラックホール観測の最先端を、そして『活動銀河核』では巨大ブラックホールの周辺の様子についてわかってきたことを、いずれも「あすか」の観測成果を中心にお話します。

目次 前章へ 次章へ 記事へ