SUZAKU
Top
Suzaku
Suzaku Flash
Overview
Gallery
Research
Research News
Documents
Tech Description
Presen
Proposal
Accepted Targets
Schedule
Plan
Log
Data Process
Archive
Analysis
CALDB
Suzaku Help
HXD-WAM
Public Data
Workshop
Bibliography
SWG only
English

トップ > すざく > 速報 > 2006-04-11

すざく観測速報6: 磁場三億テスラの世界

〜「すざく」で迫る極限物理〜

本記事は天文月報99巻3号に掲載されました。

星が最後に爆発してできる中性子星は, わずか角砂糖(1cc)程度の大きさでも数億トン近くの重さとなる超高密度な天体です. その磁場は1億テスラにも達しており, ちょうど硬X線のエネルギー領域でサイクロトロン共鳴という物理現象を引き起こします. X線のスペクトル中に現れるその吸収構造は,「すざく」の絶好の観測対象となります. われわれは「すざく」の高感度を活かし, A0535+26という中性子星を観測し, 図のように150 keV までのびるX線スペクトルから, みごと, 3億テスラもの磁場を測定することに成功しています. このような観測を積み重ねることで, 宇宙の極限状態における物理を解き明かしていくのです.


図: 「すざく」衛星で得た中性子星A0535+26のX線スペクトル. 硬X線領域に強力な磁場によって吸収された構造がみえます.

文責: 鈴木素子, 寺田幸功, 三原建弘(理研), 牧島一夫(東大/理研), 長瀬文昭(ISAS/JAXA名誉)

JAXA 宇宙科学研究本部 高エネルギー天文学研究系

Last Modified: Wednesday, 06-Sep-2006 20:34:19 JST