SUZAKU
Top
Suzaku
Suzaku Flash
Overview
Gallery
Research
Research News
Documents
Tech Description
Presen
Proposal
Accepted Targets
Schedule
Plan
Log
Data Process
Archive
Analysis
CALDB
Suzaku Help
HXD-WAM
Public Data
Workshop
Bibliography
SWG only
English

トップ > すざく > 速報 > 2006-03-01

すざく観測速報2: 灰かぶりの惑星状星雲

〜炭素合成の現場をとらえる〜

本記事は天文月報99巻2号に掲載されました。

太陽の8倍より軽い平凡な星は, 進化の果てに生成した重元素を放出し, 最後には惑星状星雲として美しい姿を見せます. そのなかには星雲の内側からX線を放射するものがあり, これは中心星が最後に放出した物質を見ていることになります.「すざく」は惑星状星雲 BD +30 3639 を観測し, 強い炭素からの輝線を初めてはっきりと検出しました. これこそ, 中質量星の内部でヘリウム燃焼によって炭素が生成された現場であり,私たちの体をかたちづくる炭素も, はるか昔にこうして星で合成されたものなのです.


図:惑星状星雲 BD +30 3639 のチャンドラ衛星(黒)と「すざく」(青)で得たX線スペクトル. 太陽組成比を仮定したモデル(実線)に比べひじょうに強い炭素からの輝線が,「すざく」では, はっきりと見えている.

文責: 牧島一夫(東大・理研), 村島未生(東大)

JAXA 宇宙科学研究本部 高エネルギー天文学研究系

Last Modified: Wednesday, 06-Sep-2006 20:31:43 JST