Astro-E banner
X線グループホーム Astro-E あすか ぎんが サイトマップ English Version
Satellite banner
トップ
Astro-E2トップ
新着情報
科学的目標
搭載機器
チーム紹介
出版目録
SWGメンバ用
チーム用

トップ > Astro-E2 > 新着情報 > 2005-07-10

Astro-E2(すざく)打上げ成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究本部(ISAS)は、2005年7月10日午後0時30分、内之浦宇宙空間観測所から、M-V-6号機により、X線天文衛星ASTRO-E2の打ち上げに成功しました。打ち上げ直後の軌道は、近地点247km、遠地点560km、傾斜角31.4度であり、現在、近地点を上げる作業、姿勢制御の確立の作業を行っています。衛星の名前は「すざく(Suzaku)」となりました。

X線は宇宙の中でも、高温な天体や、高エネルギーの現象を起こしている領域から強く放射されます。この衛星は、日本のX線天文衛星として5機目にあたり、X線望遠鏡と3種類のX線検出器を搭載して、広い観測帯域と高い分解能の分光能力を持ちます。特に、X線分光器はこれまでに比べ、一桁以上、分光の分解能が高く、宇宙の高温ガスの輝線を詳しく調べることができます。ドップラー効果を用いると、銀河団ガスやブラックホール近傍のガスの運動(ダイナミックス)を精度高く実測でき、銀河団の合体などの宇宙の構造形成や、ブラックホール近傍のエネルギー解放、時空構造の解明を目指します。

この衛星は、2000年に軌道投入できなかったASTRO-Eの再挑戦機であり、日本国内の大学、諸機関、米国航空宇宙局(NASA)などの協力で開発が進められました。その観測は国内外の研究者からの提案に基づいて行われ、現在稼働中の米国、欧州の二つの大型X線天文台と共に、世界のX線天文学を強く押し進めることになると期待されます。

この衛星プロジェクト推進にご協力頂きました、国内外の大学、研究機関、開発に携わった企業の皆様に、心より感謝したいと思います。

井上一ほか「すざく」チーム


JAXA 宇宙科学研究本部 高エネルギー天文学研究系

Last Modified: Tuesday, 19-Jul-2005 08:01:48 JST